chinda_fall_desu’s diary

竹内豊の日記

ヒューマンコンピューターインターフェースをもっと知りたいなー

【HCI論文】AAR (2020) - HMD+可動式プロジェクター -

今回の論文

"AAR: Augmenting a Wearable Augmented Reality Display with an Actuated Head-Mounted Projector"(UIST 2020)

www.youtube.com

どんなもの?

HMDと可動式プロジェクターを組み合わせ、共同作業やコミュニケーション等を可能にする
・AARの利用で下記のような機能を作成できる

  1. プロジェクターによるGUIの投影
  2. HMDのオブジェクトのプロジェクターによる投影(傍観者が見れるように)
  3. プライベートな情報(HMDで表示)とパブリックな情報(プロジェクターで投影)の分離
先行研究との違い

HMD+SAR だが、FoveARのようにプロジェクターを固定させないため、ユーザが移動できる

実装

・Celluon PicoBitというプロジェクターをHoloLensに載せる
・Kumanと DFRobotの二つのサーボでプロジェクターを動かす

検証方法

なし

議論

・プロジェクターのスキャンから表示までに時間がかかるため、ラグが生じうる
サーボモータの精度の改善が必要
・装置の重さが1kgを超えるため、軽量化が必要

関連研究

FoveAR(2015)
HMD+SAR
・SARの利用で表示範囲を拡大
・プロジェクターが固定されているため、ユーザが移動できない
www.youtube.com

Gluey(2015)
HMD+周辺機器
HMDをデータ移動の媒介として利用
・・・