chinda_fall_desu’s diary

chinda_fall_desu’s diary

田舎の大学生です。よろしくお願いします。

Arduino CLIでターミナルから書き込みを行う

下記の動画でArduinoCLIの使い方が分かったのでまとめる。

www.youtube.com



Latest releases: Release 0.11.0-rc1 · arduino/arduino-cli · GitHub


①~⑥の手順で書き込むを行える。


①接続されているボードを確認。

> arduino-cli board list
Port Type              Board Name  FQBN            Core
COM3 Serial Port (USB) Arduino Uno arduino:avr:uno arduino:avr


②インストールされているCoreを確認する。(最初は何もインストールされていない)

> arduino-cli core list 

>


③Coreをインストールする。(①からarduino:avrが必要なことが分かる)

> arduino-cli core install arduino:avr
Downloading packages...
(略)
Installing arduino:arduinoOTA@1.3.0...
arduino:arduinoOTA@1.3.0 installed
Installing arduino:avr@1.8.2...
arduino:avr@1.8.2 installed


④スケッチを作成。空のinoファイルを作成し、それを編集する。

> arduino-cli sketch new MySketch
Sketch created in: D:\(略)\MySketch   
>
> cat .\MySketch\MySketch.ino

void setup() {
}

void loop() { 
}
>


⑤編集したスケッチをコンパイルする。(ここではArduino Uno用にコンパイルするように指定)

> arduino-cli compile -b arduino:avr:uno
Sketch uses 444 bytes (1%) of program storage space. Maximum is 32256 bytes.
Global variables use 9 bytes (0%) of dynamic memory, leaving 2039 bytes for local variables. Maximum is 2048 bytes.


コンパイルして生成されたhexファイルを書き込む。(①でわかったポート番号を使う)

> arduino-cli upload -b arduino:avr:uno -p COM3

おしまい。


(間違い等あればコメントお願いします。)